固定資産税について

こんにちは。ありんく不動産販売です。

5月に入り暖かい日が増えてきましたね。
GWは満喫できましたか(*’ω’*)?
この時期になるとよく耳にするのが、おうちの固定資産税です。
今回は固定資産税についてお話します。

固定資産税とは
固定資産税とは、土地や家屋(建物)などの固定資産にかかる税金です。
毎年1月1日時点で固定資産を所有している人は、その固定資産が所在する市町村(東京23区内の場合は東京都)に固定資産税を納めなくてはなりません。
固定資産税の計算の元となる「固定資産税評価額」は、各市区町村によって決定されており
市役所で固定資産税管理台帳をいつでも閲覧することができます。

固定資産税の計算方法
固定資産税は、所有する固定資産の評価額(課税標準額)に、標準税率となる1.4%を掛けて求めます。
税率は自治体によって1.5%や1.6%などと異なり、
具体的な税率は、各自治体のホームページや窓口で確認することができます。

固定資産税の税額 = 固定資産の評価額(課税標準額)× 1.4%(標準税率)

固定資産の評価額は、納税通知書に添付されている課税明細書の「価格」に記載されており、
家屋などの建物については固定資産の評価額が課税標準額となります。

固定資産税の支払い方法
固定資産税は、毎年4~6月に市役所から届く納税通知書で支払います。
納付書は4期分に分かれていることが一般的ですが、一年分を一括納付も可能です。
(合計の支払額はどちらも同じです)
市区町村で固定資産税の支払いをする方法は各市区町村で若干違いはありますが、下記の通りです。

  1. 現金支払い
  2. クレジットカード支払い
  3. 口座振替
  4. ペイジー(Pay-easy)で支払う
  5. 電子マネーで支払う

電子マネーでも支払いができるのはいいですよね!

固定資産税を納付期限までに支払わないと、本来納めるべき税額とは別に延滞金がかかってしまいます。
また、固定資産税を滞納すると市町村から督促状が送付され、
最悪の場合、財産を差し押さえられてしまうこともあります。
固定資産税の支払方法・時期はしっかりと確認しておきましょう!

ありんく不動産販売(株式会社あLink不動産事業部)では加古川・明石エリアを中心に、土地/建物の購入・売却・リフォームから住宅ローンのご相談までお住まい全般についてお客様のニーズに合わせてお手伝いさせていただきます!お気軽にご相談くださいませ(^^)/

———————————————
ありんく不動産販売
兵庫県加古川市野口町良野1582番地 大溝office1階
☎079-456-7600